生きづらさマガジン

みんなの生きづらさが集まる場。まずは、自分のために。

第2回アライさん研究会を終えて 自分のやりたいことと、会のこれから

アライさん研究会のアライさんとして、集まった4人で会を開きました。テーマは決めず、ザックリと語る会でした。

感想はツイートしたので、気になる方は下記のツイートからさかのぼってみてください。

こちらのブログにも今後の方針を載せるのは、今後アライさんじゃない人にもテーマを見て自分も当事者だと思った人に来てもらいたいからです。

 

 

 

 

 

 

8月3日、高田馬場の喫茶店にて第2回アライさん研究会が行われました。
会でのわたしの思いや感想はツイッターで当日の夜たくさん述べましたが、わたし自身も久しぶりの主催者としての立場と皆で語り合った後の高揚感ですごく熱っぽいツイートをしていたと思います。
そういった感覚的な部分は出したので、こちらのnoteでは改めて会で起きたことを踏まえた上で、今後の方針のようなものを書いていこうと思います。

 

 


【わたしの理想は】


今回の会では事前にテーマを決めることもなく、また初めてアライさん同士で集まって話すということでわたし自身けっこう様子見なところもありました。アライさん界隈特有のルールなり規範なりがあるかもしれないとか、ツイッターというSNSで集まる、いわゆる「オフ会」という感覚でやって来る人との認識の違いがあるかもとか、けっこう手探りな状態だったんですよね。
他のオフ会というものに参加したことがない(今まで参加した、主催した会も「当事者研究会の亜種」というイメージだった)ので比べようがないのですが、今までの会同様「好きなように話して、それについて考える」がメインになりました。まあわたしが主催なんで「わたしがそうした」んですけどね。そうなるように事前にnoteなりツイッターなりでわたしの思いや「約束事」をしっかり知ってから来てもらえるようにはしていました。今回はテーマもなく、ホワイトボードもないので手元のノートへの書き込みだったのでなおさら集まって話したいことを話すということに特化した会だったな、と思うんです。それはそれで各々感じたこともあったでしょうが、わたし自身は「これもいいけど、今までもやってきたとこだから、もっとアライさんという事象を活用して、なおかつもっと有意性や継続性を含んだ実践的な会をやりたい」という欲も終えた後ありました。一言で言えばもっと「スゲェ」「また来たい」と思われる会にしたい、ということです。
さらにはこの会でもわたしの傾聴ボランティアとしての経験や思いが参加者の興味や役立ち、自分自身の使命とも重なってその部分でも欲になっていたので、まとめると「当事者研究会の実践性+アライさん現象の持つ効果+傾聴のすごさ」を体現した会をしたい、それこそをアライさん研究会の行く道のりにしたいといういことです。

 

 


【まずは当事者研究会の良さを取り込む】


傾聴のすごさ、効能はわたし自身が一番自信を持って語られる部分です。アライさん、アライさん界隈のことについてはツイッターという表現方法と合わせてまだわたしがよくわかっていないところなので現状はそこまで語りません。
なので今すぐに取り込めるものは当事者研究会についてなので、次回の3回目までにこの部分での上乗せをして実践しておこうかな、と思います。
当事者研究については過去にけっこう勉強したのでいろいろと考えがあるのですが、まあ時間もないですし次回までにざっくりと「基本的な部分はいただいておこう」というスタンスです。
手元の本を参考にしつつ、当事者研究会の基本的な部分をいただいちゃいます。

 

 


〈当事者研究会におけるファシリテーションの8つの特徴〉

 


①自分自身を開いて仲間と共有するー弱さの情報公開


②自分の問題を自分の外に出すー外在化


③興味・関心によるワクワク感ー知的好奇心


④仲間の知恵の伝承ー蓄積と継承


⑤自分助けとしての症状や問題を扱うー有意味性


⑥発見を祝うー祝福


⑦目的意識をゆるめるー価値中立性


⑧先行して警戒を解くー武装解除

 

 


①の情報公開は、まさにアライさん現象の特徴に一番合致するのではないでしょうか。アライさんたちはまず自らの名前を「〇〇なアライさん」として自らの情報を、多くは弱さを開示します。そしてそれを共有していくことで研究成果だけでなく心強さや頼もしさといったものを感じられるのも当事者研究の良さであり、ツイッター上でそれらの感覚を意識的・無意識的に味わえているアライさんたちも多くいると思われます。
せっかく会に来る前から、さらには来なくてもこうした情報公開をしているアライさんたちだからこそその部分をもっと意識的に活用していきたいと思うんですよね。
わたしが考えいてる方法として「ハッシュタグをつける」ことでより本人や周りがそれを意識しやすくなるのではないかということです。
次の回のテーマに沿って事前に「#会話の仕方がわからない」「#性別違和」をつけて情報公開していく。それによってすぐにでも仲間との共有が生まれるかもしれません(もちろん特定されたくない人、秘密にしたい人ははやらなくていいです)。

 


②の外在化も当事者研究における重要事項ですね。生じている問題から距離をとって眺めること、具体的に目で見て皆で共有するためにも大切なことです。今回自分用の普通のノートを持って行っただけなので、次回はやはり皆で共有しやすいよう大きなスケッチブックを持っていく予定です。ノートの内容もきちんと書いていけば個人を特定するようなものは載らないはずなんで、可能であればウェブにもアップしたい。
ただ、わたしほんとうにノートを取るののが下手かつ、しばらくは進行役を務めることになると思うので参加者の誰かに書記をお願いすることも必要かと。 

 


③わたし自身ははもうだいぶ慣れてできてきているとは思うのですが、やはり会を重ねること、参加者が継続していくことでこうした「興味・関心を尊ぶ空間づくり」はもっとできていくと思います。悪い部分を捕まえて「治したい」「なんとかしたい」という構えでなく、相手を尊びその仕組みを知りたいという構えを取る。研究的態度を共有し、その先にある発見にしっかり備えたいですね。

 


④仲間同士の横並びの対等なつながり、それはわたしの傾聴体験から重要性を感じていられるのですが、こと「歴史的・経験的な積み重ねや価値観を伝承する縦のつながり」となるとこれまで着手してきませんでした。どうしてもその場の雰囲気、体験重視で研究成果の発表、積み重ねをしてこなかった、これからはそういった部分も注力していきたたいと考えています。
とりあえず次回は外在化したノートの発表と会の最後に各自の「本日の気づき・今後やってみたいこと」を聞き、次回に「できたこと、できなかったこと」を発表するというような、より実践的な流れができたらと思います。

 


⑤「症状を自分助けと捉える」のは、もしかしたら傾聴にもつながる考え方かもしれません。傾聴は聞くことで本人が考える。問題を「聞く」が人と問題を分けること、そうとらえる聞き手の存在が、症状を「悪いもの」として認識する以外の手立てがあることに気づかせてくれる。
独りでの思い込みが共有されること、研究されることで変質していく。じゃあどうなるんだろう、実践してみよう、となっていく。そういう流れを作りたい。

 


⑥祝福されたものは、尊厳を取り戻す。わたしはその部分が弱い。もっと他者を褒めたい。というか素直な表現者になりたい。第2回の会で、「重い話をしてくれてうれしい」という言葉が出た。それも良き言葉であるが、あくまで自分自身の気持ちだ。プラス、「そんな重い話が言えたあなたと、それによる変化を祝福する言葉」が自分から出ればよかったと思う。
そういう場面があったら積極的に褒めていきたい、そういう雰囲気の会でありたい。

 


⑦ここまで読んでくるとなんだか会がやるべきことでからめとられるのではないかと思われるかもしれませんが、間違いないくこれらをやっても会はとても自由だと感じてもらえるだろうという自負もあります。だってあなたを自由にする、楽にする会だから。多くの人の発言を聞いているだけで発見がある。即興やハプニングを大事にする。わたしはそれを「ライブ感」と呼ぶ。皆のバイブスがあがっているのだ。楽しいのだ。安心して正直に話すという流れが、それを生み出すのだ(急にアライさん口調)。

 


⑧専門家の技術や知識を持ち込まない、丸腰で人と向き合う。そこから生まれるものを大事にする。専門性や知識の場ではない居場所の出来ること・面白さを伝える。

 

 


このような感じで、具体的に次回までにやること、次回の会で意識していくことも見えてきたのでまたしばらく界隈を眺めつつ、より「そそられる会」にしたいと思っているので、アライさん、そうでない人含めて楽しみにしてもらいたいです。

 


次回は8月17日14時から17時、池袋のカフェ「ペコリ」にて、テーマ「会話の仕方がわからない」「性別違和」でやっていきます。
質問や参加希望はコメントやツイッターのDMでお願い致します。