生きづらさマガジン

みんなの生きづらさが集まる場。まずは、自分のために。

『違国日記』②第1話

朝の実家にやってきた二人。こもった空気をいれかえながら遺品の整理をする。
記憶の中の姉とは違う姉がそこにはあった。

 

f:id:renairenmu:20190612112422j:image


“来るはずだった来週、水をもらえるはずだった植木たち、クリーニングに出すはずだったストライプのシャツ”
“世界から忽然と存在が消える”


それらの中で朝はまだ母のことを現在形で話す。朝にとってはまだ続いている。「それを強引に断ち切る必要はない」と言う槙生。
だが槙生にとっての姉は過去の存在。
「過去完了形」の存在だ。


遺ったものをゴミとして出すたびに「さよなら」を告げる。

 

f:id:renairenmu:20190612112434j:image