生きづらさマガジン

みんなの生きづらさが集まる場。まずは、自分のために。

『違国日記』第1話

 

違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

 

 


35歳、少女小説家。(亡き母の妹) 15歳、女子中学生。(姉の遺児) 女王と子犬は2人暮らし。
少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。対する朝は、人見知りもなく、“大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。不器用人間と子犬のような姪がおくる年の差同居譚、手さぐり暮らしの第1巻!

 


『違国日記』の最初の話は現在から三年後、田汲朝(たくみ・あさ)が高校三年生の春から始まる。
同居暮らしにも慣れ、二人の関係性もすっかり落ち着いた感じで綴られていく。
家での執筆に没頭しちょくちょく“違う国”に行っている槙生。家事や人づきあいといった「普通のこと」ができない大人である彼女にもすっかり慣れた様子の朝。

 

 

f:id:renairenmu:20190606140800j:image

 


一話目以降は過去の三年前に戻り、二人の出会いからその「違う国の女王」である槙生と朝の関係性の構築の話が語られていく。


どういったことがあって今のような関係性になっていくのか。
それぞれが自らの違いを抱えた人間がどう受け入れていくのか。
その苦しみや感情、勇気を教えてくれる。

 

 

f:id:renairenmu:20190606140931j:image

 


普通じゃない自分に苦しむ人。自分が居ることに違和感を感じている人。自分の孤独や違和感をわかってもらえない、伝え方がわからない人。

そういった人たちに一つの「在り方」を示してくれる物語です。