生きづらさマガジン

みんなの生きづらさが集まる場。まずは、自分のために。

「助けて」が言えないの会をやります。

ハイ、最近「助けて」が言えないについてブログを書いているぎりさんです。


わたし自身これについてずーっと苦しんできているので、今回同じ思いを持っているみんなで集まってその気持ちを吐き出そう!ということで企画しました。


『「助けて」が言えないの会』です。
なんか名前がストレートすぎるんですけど…もうちょっと変えた方がいいのかな?


今まで『生きづらさ研究会』『寄りそい方研究会』をやってきたんですけど、今回は当事者、支援者といった属性にしばられずにやってみようかなと。
性別や年齢、何に所属していてとかそんなの関係なく、ただただそのテーマに沿って集まってみようじゃないかと。自分の属性や立場にしばられてなかなかストレートに伝えられないというところもあると思うんです。


そういう「あるがまま、思うがままにいてもいい」そして「そうできないことにいる自分でもいられる」ような、そんな「人」「つながり」「場」ができたらいいなと思っています。


とりあえず今回は助けてが言えないの会ですが、そういったイメージで今後も継続させていきたいです。
ホームページとか、専用ツイッターアカウントとか、作っていきたいんだよね。そのへん興味があるとか手伝ってもいいよ、という方がいらしたらお声がけください、とさっそく「助けて」と言ってみる。助けて(が言えない)には報酬とか返報性も関係あると思う。
過去の会をやってきて常々思うのは「せっかくみんなの声が集まったんだからこれを活用してもっと多くの人に役立てたい」っていうことなんだよね。他者のストレートな体験談って下手なアドバイスよりよっぽど良いスイッチや気づきになるから。なんとかアーカイブとして残せる仕組みを作っておきたいです。


そんなこんなでまだわたしも曖昧であやふやな段階の話ですが、まずはこの最初の会では素直な気持ちを聞けたらと思います。

 

 

 


【開催日時】


2019年4月28日(日) 14時〜17時  
目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)

※会費千円


二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ

 

 


時間厳守でもないしドタキャンもOKですので、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッターにDMでお知らせください。質問でもなんでもいいよ〜。
あと可能でしたらご自身の「助けて」と言えないエピソードなど「載っけてもいいよ」という方がいらっしゃったらお伝えください。
そういったあなたの心の声が皆の勇気や気づき、そして自分助けになるんです。