「生きづらさ研究会」主催ぎりさんのブログ

生きづらさコレクターぎりさんのブログです。生きづらさ研究会のテーマ&参加者募集中!

私たちにはことばが必要だ 感想その3 マイノリティが挑んでいるのは「めんどくさい」という社会の風潮、わたしは「聞く環境を育てること」で応援していきたい

 

私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない

私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない

  • 作者: イ・ミンギョン,すんみ,小山内園子
  • 出版社/メーカー: タバブックス
  • 発売日: 2018/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

韓国のある事件をきっかけにフェミニストたちの「声の上げ方」を届けるという本だったのだが、この中で再三強調されるのは自分の話を聞こうとしない相手に対して「答えないことの大切さ」であった。


差別される側、被害者側であると言う相手に対して話を聞かず認めず、威嚇し、上から目線でくる相手に(それこそが差別意識なのだが…)答える義務はないとしつつもそれでもなお「対話をしようとする」その姿勢は殴られても殴られてもなお立ち上がり戦い続けるボクサーのようであった。
そこまでの想いを背負いつつ、それでもなお立ち向かう者たちのための指南書である。

 

そしてそこまでしなければならないのも、周りが「認めない、知ろうとしない、軽んじている」からであって、いかに「聞こうとする姿勢」ができていないかというのも痛感させられる。


フェミニズムに関しては疎いわたしだが、「聞くことを育みたい、誰もが聞くことを大切にする社会にしたい」と思っている。全くそれが浸透していない現実を移す鏡としてのフェミニズムの問題は無関心ではいられないと感じた。


これだけの差別を受けてもなお善意で疲弊する者たちを気づかい、無理をする必要はないとしつつも立場を悪用するほどの性差別者に対しては立ち向かう義務があるとする信念、果たして遠巻きにその姿を見て見ぬフリをしていた我々は今こそ変わらねばならない…

 

 


【めんどくさいからってその場所から動かないことですでに傷ついている人がいるんだよ!】

 


なーんて書いたんだけど、まあまだまだ全然フェミニズムに関しては知らないのでこれからって感じなんですが。
そもそもフェミニズム、というよりあらゆる差別感情が向き合わなければならないものに『めんどくさい』って感情があるんですよね。


今べつに嫌な思いしてないのにわざわざその有利な場からおりなければいけないめんどくささ。相手のために話を聞いたり、学んだり、考え方を変えねばならないめんどくささ。
実利とコスパの現代にわざわざ時間をかけて自分の得を手放すなんて、そんなことしたくはない。論理だけで勝てたらこんなに楽なことはない。
そんな「めんどくさい教」の信者たちに挑んでいるんですよ、フェミニストを始めマイノリティ…普通になれない人たちは。周りがそうすることで不利益を被っている人たちがいるのに。だからってもう、誰も彼も説得していこうなんてのも疲れるんですよ。こっちだってめんどくさいんですよ。だから聞く気のある人だけでいいし、そういった「聞く姿勢」を社会で作っていくことで支援になると考える、めんどくささを楽しめるわたしのような人もいるんです。しょうもないガチャゲー全盛の時代にレッド・デット・リデンプション2のようにどっしりと複雑なゲームが売れるように。←めんどくさくなって例えで終わろうとする。


めんどくさい…って、めんどくさいですよね。
なんかメンヘラ界隈と会話しているとよく聞く言葉です、「めんどくさい」


でもめんどくさいって言葉は本当にいろいろと苦労してきて出てきのやつなのか、単にしなければならないことを思って出たやつなのかで全然違うんですよ。

メンヘラ界隈のめんどくさいには「悲しみと徒労感」がのっかってるんです。それが積み重なるともういいや、となって立ち去っていく。


あなたはそこで、手を差し出せますか?