「生きづらさ研究会」主催ぎりさんのブログ

生きづらさコレクターぎりさんのブログです。生きづらさ研究会のテーマ&参加者募集中!

「支援する側の気持ちを話そう」の会をやります

12月2日の日曜日に池袋において「支援する側の気持ちを話し合う会」をやります。
傾聴ボランティアをやっている私ともうお一方で、支える側・ボランティア側の気持ち…難しさやしんどさ、不安に思うことなどを素直に話し合えたらいいね、ということで企画しました。


企画、といってもカフェで気楽にお茶をする感じですね。ホワイトボードがわりの紙は用意していくつもりです。参加費もなしですがカフェなので何かしらの注文はお願いいたします
募集人数も少なめであと2名です。一緒にお話ししたい、という方がいらっしゃいましたらこちらのコメントかぎりさん@生きづらさコレクター (@ouenrenmu) | TwitterのDMにてお知らせください。
時間は14時〜17時くらいを予定しています。質問などありましたらお気軽にどうぞ。

 

 

 


【追記:「支援」という言葉について】

 


↑と、書きましたがわたし「支援」って言葉にいつも違和感を感じるんですよね。自分で書いといてなんだよ、って話ですが。


理由の一つは「支援」「支える」という言葉が当事者に対して重荷になるものなんじゃないか、ということ。
もう一つはそういうカテゴライズ自体にたいしてよく思っていないからです。


支えられてる、っていう思いは「迷惑をかけてるんじゃないか」っていう自責の念につながりますし、そもそも対等の関係性の言葉じゃないんですよね。
ボランティアが無償なのもまずお互いが対等の立場にいる前提じゃないと傾聴、気持ちのやりとりなんてできねーぜ!って理由もあるからです。無償だから、対等だからこのやりとりができるんだろうな〜って思うことが度々あります。
対等な場合は「支援」というより「寄りそう」「受け止める」って感覚がしっくりきます。


カテゴライズに関しては今までのわたしの「生きづらさ研究会」においての記事でもよく書いたのですが、当事者と非当事者(っていうのもカテゴライズですが)が同じ場で集ってこそ初めてお互いの気持ちがわかるし、「自分たちだけ」じゃなく分け隔てなく語り合うことによって社会・環境への働きかけができます。
まあそもそも、どんなに細かくカテゴライズしていってもそこからこぼれおちることもあるのでカテゴリーで考えないこと自体が大事なんですけどね。


「支援」という言葉にそういう負荷を感じる当事者がいる、ということを踏まえた上でやることが大事なんじゃないか、と感じます。


しっかりとした支援をやられているところはたくさんありますが、そういった最初の「寄りそい」「受け止め」を切り捨ててやられる支援は当事者にとっていささかしんどいです。その前段階の部分で傾聴ボランティアだったり、当事者の周りにいる人たち…家族や友人、同僚がやるべきことはまず支援ではなく気持ちの寄りそいですね。
非当事者が「支えなきゃ!」と意気込むことで当事者の気持ちを置き去りにした使命や責任感をまとってしまうこと、よくあります。


でも今回はわかりやすさ重視で「支援者側の」っていう書き方をしました。支援者としての本人の気持ちを聞きたい、話し合いたいので、別にどこに所属してやり方がどうとか技術的な話をしたいわけではないのです。
ただあなたの「支える側としての気持ち」を知りたいのです。そして当事者研究と同じようにそれを外に出してみて、みんなで研究することでなにかがわかるのではないか、ということです。「支援者側の当事者研究」といいますか。


つらい気持ちや出来事を抱えている人に必要なものは支援の前にまず寄りそいが必要なんです。支援にはパワーがいるけど、それがなくても誰でもむりなくできる支援、それが寄りそいであり受け止めであると。
…メンヘラ.jpが長くメンヘラ同士の気持ちやライフハックの伝え合いをしてきたからこそ、今こうして就労支援をやっても「こちらの気持ちをわかってくれている」という安心感があるんですよね。次に行きたい人たちへの段階的なステップ、1段目が充実したからこその2段目なんです。


絶望から上を見上げることができて初めて「じゃあ具体的にどうしていこうか」ってなるんです。その絶望にいるときに無理に「上を向かなきゃダメ、さあアレをやれ、コレをやってみろ」は支援ではありません。

 

 

 

上を向くために一緒にできることはなんなのか。それをみんなで語っていけたらと思います。