「生きづらさ研究会」主催ぎりさんのブログ

生きづらさコレクターぎりさんのブログです。生きづらさ研究会のテーマ&参加者募集中!

第4回生きづらさ研究会 「家族」「恋愛依存」はこんな感じでした。

2018年7月28日、品川にて第4回生きづらさ研究会が行われました。
台風来てたけどね! 参加者定員ギリの8人だったけど結局来たのは女性3人プラス私だけだったけどね!! でもこんな嵐の中来てくれただけでうれしかったさ! 参加できなかった人は次また来てね!待ってるよ!
 
ということで今回は初の二部構成、前半は「家族」について後半は「恋愛依存」について話し合いました。
 
 

f:id:renairenmu:20180729225222j:plain

 

 

f:id:renairenmu:20180729225314j:plain

 
 
 
詳細はホワイトボードの各写真を見ていただくとして。本当は参加者さんがブログなどをあげたらそちらのリンクを紹介していきたいんですよね。各々の感想や後日チャットをして詳しくお気持ちを聞かせていただいてそちらを公開した方がより個人に紐付いていて価値があると思うんです。
前身である「当事者研究会」のもつ“語りのよって無理解な社会に向けた変化を促す、運動的要素”も意識して行くべきなのかとか、この生きづらさ研究会自体の方向性も毎回開くたびに考えさせられるんですよね。生きづらさ研究会のホームページ、あれを参加者の声の集積地にしたくて。そうやってこの会自体を「メディア化」するのも一つの方法かな、とか。もちろん参加者自体への働きかけの方法もまだまだ模索中です。
 
なので今回の感想は、私自身が個人的につよく印象に残った言葉や考え方だけ書いていきますね。
 
 
 
【メンヘラと、その外の交わり】
 
 
この生きづらさ研究会は私が「メンヘラ.jp」さんの当事者研究会に参加したことにより発足したもので、けっこう記事を紹介してもらったり居場所データベースを利用させてもらっているおかげでメンヘラ界隈にいくらかかかわりがあるのでまあやってくる方も大なり小なりメンヘラ自認してます、みたいなところがあったのですが。
今回初めてそれほどその方面に接点のない、「映え」方面からの参加がありまして、私自身すごくその交流を楽しみにしていたんですよね。
当事者と、その周縁の人たち(という名の当事者たち)が対等に交わることで初めて環境が変わる、という信念のもとやっていますのでいろんな属性の人を巻き込んで楽しめたらいいな、と。
そんな思惑の中、みなさんが話し合い、お互いを聞き入れることで違いや共感を感じ、おそらく何かしらを感じて帰っていただいたことがなによりうれしかったんですよね。
もちろんそういった思惑はあくまで主催者である私個人のものなのでどう思いどう感じたかはそれぞれの胸の内にしかないのですが、それでもこの光景はうれしかったですね。
 
 
 
【執着しない、は生きづらさの究極の対処法なのか】
 
 
参加者のお一人の方が言っていた「とにかく自分は執着しない」という考え方、というか生き方。周りの私たちへのその丁寧な心情の吐露、説明が「すごいな」って感じたんですが。
執着を捨てることがメンヘラな自分を、いや、すべての生きづらさへの対処法なのではないか、と考えさせられるお話でした 。これまでの「家族」との関わり方が今の「恋人」との関係にも繋がってくる話でもあり、執着しすぎることの弊害をバランスよくコントロールしている「前向きな割り切り」のようなものに、生きづらさに対する一つの答えを見たような感覚でした。
私もどちらかといえば執着しないタイプなので(頑固なのは認める)、よって依存もなく、生きづらさも軽減される。
これって究極なのでは。
 
でも、「死にたい」という気持ちはなくならない。
 
きっと感情を全てなくせば生きづらさは感じなくなる。それは人間を、生き物をやめることにつながるのかもしれません。メンタルをやられて感情表現ができなくなっても、わけもわからなく涙がひたすら流れ落ちることもある。
もちろん執着したくなくてもできない、そんな場合だってある。わかっていてもできないことがある。
 
そういったものに、丁寧に向き合っていく。
 
誰かと向き合うのと同じように。
 
対等に、誰かと。対等に、自分と。
 
 
 
【生きづらさ研究会が好きすぎる】
 
 
ここから先は私の個人的な話なので、軽く読み飛ばしていただいてもいいんですが。
 
私、生きづらさ研究会が好きすぎるんです」
 
楽しくて楽しくて仕方がないんです。
 
よく参加者の方に、私がやっている傾聴ボランティやこの会に対して「こんなに時間も労力もかかってお金にもならないことをよくやりますね」って言われるんだけど。
 
全然オッケー。苦にならない。楽しい。
 
そういうとビックリされるのでもう一度言いますが。
 
「好きだから」
 
何が好きなのか。改めて考えてみた。
 
他者が私に、自分のつらさを話してくれることが好きなんじゃないかなって。
もっと正確に言うと「自分の気持ちや考えを話したり黙考したりすることで何かしらの変化を呼び込んでいる、その予感を感じさせている状態の他者を見るのが好き」なんですわ。
 
いわばその状態の他者が私にとっての「作品」になる。もちろん、これが私自身の思っている方向に誘導するのであれば危険だし誘惑、操作になるのでしょうが、そうじゃなくて「どういうふうに行くのかもわからなくて漂っている、ただし何かしらの苦悩や変化の予感を含んでいる状態」が好きなんですよね。
ワクワク感というか。開ける前のビックリ箱が持つ雰囲気というか。
 
わかります?
 
キモいですか(笑)?
 
なんかねぇ、書いていて思い出したんだけど昔から誰かと映画を行くと映画の内容も気になるけどそれと同じくらい「あ、このシーンはどう感じたかな?」っていうのを気にしながら見るのが好きだった。
美術館に行ったらその人と作品を一緒に遠くから眺めて、その人の頭の中に描かれているものも想像して全部まとめて愛でる、みたいな見方をして楽しんでいた。
 
まあ会の主催者があまり個人の喜びを前面に押し出してると誰のための会なのかブレちゃうのもいけないので、このくらいにして黙っておきますが(笑)。
 
なので、今後も心配していただいたり不思議がっていただいたりしても全然かまわないのですが、そういう理由ですのでいぶかしがらなくても大丈夫です(笑)。
 
あ、お金はもうけたいですけど(笑)
 
 
 
 
というわけで、今回の個人的な感想はここまで。
 
生きづらさ研究会そのものの今後についてもいろいろ思うところがあるのでそれはまた次回以降のブログで書きたいと思います。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。