「生きづらさ研究会」主催ぎりさんのブログ

生きづらさコレクターぎりさんのブログです。生きづらさ研究会のテーマ&参加者募集中!

生きづらさをゆるめるための孤独と『人志松本のすべらない話』

 傾聴ボランティアをしていると「だれにも話せないし、わかってくれない」「すごくさびしい」という言葉をよく聞きます。
孤独や寂しさの増加が「自分は無価値、人生は無意味」から「消えたい、楽になりたい」という流れになりやすいんですよね。

 

『みんなの当事者研究会/熊谷晋一郎編』という本にて國分功一郎さんがハンナ・アレントの孤独の定義を引き合いに出されていまして。

 

【「孤独」とは私が私自身と一緒にいられることである。それに対し、「寂しさ」とは私が私自身と一緒にいられないことであり、それ故に他人を求めてしまう状態である】

 

というふうに書かれているそうです。

自分が自分でいられるとこってとても大切なんだと思います。

 

でも生きづらさを感じている時って考えている対象が「過去や未来」「他人(対人関係)」「社会」といった自分だけではどうにもならないものに囚われているときが多いんですよね。起こるかどうかわからない未来の不安や、やってしまった過去の過ちに不意におそわれて「ぐわわわわ〜」って頭を抱えてしまうことは誰にだってあるし、それが自分独りの時間に侵食してくるとホントーにしんどくなっちゃいます。
なのでどうにも答えの出にくいものに囚われて自分や他人に責任を追求するような思考をしてしまう場合、問題を客観化して語ってみるというやり方があります。
あれですよあれ、『人志松本のすべらない話』。お笑い芸人さんが過去のひどい目にあった話をネタとして面白おかしく話してるやつ。ああやって「自分だけのものだったしんどさ、つらさ」を「公的な場でユーモアを交えて話す」ってのは人生をしっかり生きぬく方法としてすごくアリな方法だなって。芸人さん、実際その場にいたらメチャクチャしんどそうなエピソードなのにすごく面白おかしく、そして切なや皮肉なんかも交えて話してます。しんどい出来事も「ネタにしたろ!」って気持ちがあると自分の中でしっかりと振り返りができてそれがさらにうまい話術に乗って極上の共感を誘う話に換わっています。

そうなるまでにしっかり自分の中で準備(省察)しないといけないんで、その時はしんどいかもしれませんが、その時点でも誰かと話しながら行うことも可能ですし、つらさが大きすぎる人はぜひそうやってつらさを他者に語れるものにできる方法を知ってほしいな、と。

 

わたしが傾聴ボランティアでお話をうかがうっているときもなかなか話しづらそうにしている方も多く、でも対話をしていくと、小さな語りから大きな語りへの移行準備ができていきます。そしてどの段階であれ、共感をベースにした対話は産物としての「治癒」をもたらします。

なので自分の中で処理できない、消化できない出来事や感情は勇気を持って誰かに話してください。いや、勇気なんて必要ないくらいの場があればみんなきっとそうしたいはずなんです。自分だけでなんとかしようとせず、そういう場、相手を探してみてください。その時はたとえプロであれ一人に依存するのではなく、いろんな距離感の人に適度に話すと受け止める側の負担が減って求めやすさがあがると思いますよ。近ければ近いほど話しにくいこともありますし、各自の容量も得手不得手も違いますので受け止めきれないこともありますからね。

 

寂しさ故に他人を求めてしまことは当然のことです。大切なのは孤独の時間、寂しさの時間をどうやって過ごすかですね。