生きづらさマガジン

みんなの生きづらさが集まる場。まずは、自分のために。

生きづらさ研究会

井戸の底に居てヌルヌルした壁を登る

menhera.jp 2日続けて『メンヘラ.jp』に男の(メンヘラの)生きづらさが投稿されてて…うーん、この「メンヘラ」がメンヘラ性として語られる時と男性・女性に付随した時とはまた違う意味合いが…みたいなこと考えてたらウッとなった。 メンヘラについて語るこ…

浮気した相手が妊娠しました〜「助けて」と言えないを考える その1

『「助けて」が言えない』の会をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ 途中参加、ドタキャンOK、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッターにD…

「助けて」と言えないの会をやります。その前にメンヘラの会の話。

『「助けて」が言えない』の会をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 品川区目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ 途中参加、ドタキャンOK、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッ…

「助けて」を言えないのは被害者をやらせてもらえないから、という1つの例

【『助けて』を言えない気持ちを語りあう、研究する会を四月下旬に開きます。詳細は次のブログにて】 「事がらを聞くな、気持ちを聞け」というのは傾聴において大事だとされていますが、それがよく表れた事例があったていたのでリンクを貼っておきます。 第…

「助けて」を言えないままはヤバいという話

あなたは「助けて」って言えますか? ちなみにわたしは言えないタイプです。 これについてはいっぱい考えたいし、話し合いたいな〜と思ってたところなんですが、今回はこの「助けて」が言えないことでどういうことが起こるか、ということを書いていきたいと…

「男性社会に苦しめられる被害者としての男」と考えると女性への行動にいろいろと説明がつく

女性が男性の男性性を糾弾しても男がちっとも反省しないのってありがちなんですが、やっぱり男性が「自分は被害者だ」っておもっているところが大きくて、だからこそそこを聞いてあげるのが必要だと思うんですよね。もちろん女性だけじゃなくみんなが、とい…

鉄道駅の自殺防止ポスターに見るこの国の「自殺」と「ひとり」に対するイメージ

『鉄道駅の自殺防止ポスターがまぶしすぎてむしろ自殺したさが増す』というツイートのまとめが流れてきて、そのしんどさはこのポスターが「この国の自殺に対するイメージを如実に表してしまっているその絶望」からくる部分も大きいと思った。 鉄道駅の自殺防…

「支援する側の気持ちを話そう」の会をやります

12月2日の日曜日に池袋において「支援する側の気持ちを話し合う会」をやります。傾聴ボランティアをやっている私ともうお一方で、支える側・ボランティア側の気持ち…難しさやしんどさ、不安に思うことなどを素直に話し合えたらいいね、ということで企画しま…

生きづらさをもったものと見守るもの(遺されたもの)

自死遺族支援の会の講演会に行ってきました。 今は自殺の予防や防止に力は注がれているが遺族への支援がはるかに薄いということを皮切りに、自殺対策基本計画の策定における現状と今後の方向性、またネット社会における死者の尊厳と遺族、第三者の権利につい…

「それがいいんじゃない!」と言い続けること〜絶望に触れていく

久しぶりのブログ更新です。 今後の「生きづらさ研究会」について書きました。 【わたし自身のこれから】 みうらじゅんさんの『ない仕事の作り方』という本を読みました。 “人はよくわからないものに対して、すぐに「つまらない」と反応しがちです。しかしそ…

当事者意識を持てない、ところからすでに生きづらさは始まっている

「自分が当事者かどうかわからない」「自分なんかが当事者を名乗るのははばかられる」という言葉をよく耳にするので、ちょいと「当事者(意識)」について書いておこうと思います。 今回わたしが書いていくのは法律用語ではなく福祉用語としての「当事者」で…

読書会を開きます

9月後半に読書会を開きたいと思います。 いちおう私が主催している「生きづらさ研究会」提供、みたいな形になると思います。「生きづらさ」という言葉を付けようかどうかも考え中。 進行役はうちの会関係なく「本が好き、こんな読書会を開いてみたい!」と思…

メンヘラ会に参加してきた話

すごかった。とにかくすごかった。 ふだん様々なイベントが行われているカフェで「メンヘラ会」が開かれたので行ってまいりました。 ほとんどの方がフェイスブックからの参加で、イベントやセミナーをやられているような方たちが多いみたいでした。 始まって…

居場所データベースといきづらさ研究会の今後について考える

昨日は私の主催する「生きづらさ研究会」の第6回目でしたが、第2回目以来の「参加者ゼロ」でした。 めっちゃいい部屋だったのに〜。また使おう。 麻布十番納涼まつりのにぎやかな声が聞こえる中、「居場所データベース」と「生きづらさ研究会」について考え…

メンヘラ談義 まとめてみた

先日ツイッター上で行われたメンヘラ談義をざっくりとまとめてみました。 ぎりさん 「メンヘラ」という言葉を自分に使うとき、メリットデメリットを理解してうまく利用して自分の生きやすさへとつなげていく、そうしたやり方もあるんですよね。 そうかと思え…

生きづらさ研究会があなたにあげられるもの

相談できる場と仲間 回復への道筋 社会的承認 1.相談できる場と仲間。 何かの会に参加するとだいたいこれがありますよね。同じような目的や意識を持った人たちで集まれる安心感、連帯感。生きづらさ研究会は「生きづらさ」という漠然とした、だからこそユル…

アイドルの文章を読んで自分のやりたかったことに気づかされる

【周囲の期待に応えていけば、手っ取り早く自分の居場所を確保することができます。でも、その行動が自分の本意でなければ、自分にとって居心地のいい場所にはならないんです。そのことに気づいた私は、まずは仕事でも人間関係でも無理をしないことにしまし…

メンヘラに対する思いを聞いたのでまとめてみた ①

【ここでしっかり感じて欲しいのは「メンヘラ」と「あなた」は違うということだ。 自傷自虐をしたり依存をしたり、そういった苦しみ・生きづらさの部分を周りが肯定しなかったからといってそれはあなた自身を肯定しない、価値がないと言っているわけではない…

メンヘラについて私が思うこと その一

なぜ次回の生きづらさ研究会のテーマにメンヘラを選んだのか、メンヘラについて私自身どう思っているのか、色々な思いがあって簡単には書けない。なのでしばらくその都度思ったことを書いていこうと思う。簡単でないという気持ちから「その一」なんて逃げの…

第4回生きづらさ研究会参加者とのチャットその3〜「当たり前と、そうじゃない生きづらさ」

ナトリウム 誰かから見たら楽しそうっていうのはほんとに生きづらいと思います。一番言われるのは「精神病に見えない」って頑なに言われることです。遠回しに「甘えでは?仮病か?」って言われているような気になるので辛いです。カミングアウトしているのに…

第4回生きづらさ研究会参加者とのチャットその2〜「恋愛依存」「不安と焦り」

今回は前回にひき続き第4回生きづらさ研究会に参加していただいたリンさんとのチャットの内容を載せていきます。 ご自身の恋愛について語っていただきました。 ぎりさん ちょうど昨日、同じ参加者のいなみさんともチャットしていました(いなみさんとのチャ…

第4回生きづらさ研究会参加者とのチャット その1〜執着しない・メンヘラ・生と死

第四回生きづらさ研究会テーマ「家庭」「恋愛依存」に参加していただいたいなみさんとのその後のチャットのやり取りをお送りします。 ぎりさん 体調はいかがですか? いなみ 今日は病院に行って無事薬補充できて比較的穏やかに過ごせてます。 ぎりさん それ…

第4回生きづらさ研究会 「家族」「恋愛依存」はこんな感じでした。

2018年7月28日、品川にて第4回生きづらさ研究会が行われました。 台風来てたけどね! 参加者定員ギリの8人だったけど結局来たのは女性3人プラス私だけだったけどね!! でもこんな嵐の中来てくれただけでうれしかったさ! 参加できなかった人は次また来てね…

「家族」について語ってみる。

第四回の生きづらさ研究会が今週末の7/28(土)に開催されます。 「メンヘラ.jp」の居場所データベースに登録したこともあり、おかげさまで定員に達することができました。ありがとうございます。参加を考えていた方には申し訳ありませんが、また来月半ばま…

第4回生きづらさ研究会のお知らせ

生きづらさ研究会第四回のご案内です。7月28日(土)14時〜17時、品川にあるレンタル会議室で最大定員8名で3時間語り合います(二次会もファミレスでやる予定です)。 今回は初の二部構成、前半一時間を【家族】について、休憩をはさんで後半一時間を【恋愛…

第三回生きづらさ研究会参加者との対話 その2 「メンヘラという存在」

前回に引き続き第三回生きづらさ研究会の参加者とチャットしたときの模様を書きます。前回とは別のみなとさんという方と共に、主に生きづらさ研究会とメンヘラについての話をしました。 メンヘラにまつわるイメージ、そこを拠り所にしたい気持ちとそれでいい…

第三回生きづらさ研究会の参加者とチャットしました。「○○らしさ」という抑圧。

第三回テーマ「恋愛感情・恋愛依存」に参加していただいたつづらさんと主催の私、ぎりさんでチャットをしました。その様子を皆さんにお届けします。つづらさんは「恋愛感情がない当事者」として参加されていました。そのことについての言及があります。 会…

第三回生きづらさ研究会 テーマ「恋愛感情・恋愛指向」レポート

三回目となりました生きづらさ研究会のレポートです。 マンションの一室にある小さな貸し会議室内においてアロマンティック(性的関心はあるけど恋愛感情はない、かも)の女性二名、恋愛感情はある女性と私の四名(+書記一名)での開催となりました。 恋愛…

個人的反省と生きづらさ研究会の意義

前回、前々回の記事から続く内容ではありますが。 前回記事で圧倒的な絶望から出るには一人でいないこと、と書きました。その後のことを書きます。 生きづらさも一つ一つの要素に着目したら「普通でいなければいけないという同調圧力」であったり「人間関係…

どうしたら生きづらさがなくなるのか

初めに答えを言ってしまえば「なくなりません」がそうなんだけどね。そんな簡単に消えたらこんなに長いこと苦しんでないよね。 でも、楽になる方法はあります。それを今回はお伝えしようと思います。わたしが普段やっている電話での傾聴ボランティアの場合と…