生きやすさマガジン

自分が生きやすく、みんなも生きやすく

死にたい気持ち

他者と向き合うほどに自分が浮き彫りになるのっていいよね

yurusarenakatta.hatenablog.com わたしが常々「正直な言葉を綴る人だなぁ」と思っている静かな沖さんが自身のブログにて、他人の自死に遭遇したとしたらという話から自身の飛び降り未遂の話などを書かれていました。 正解がないという中で(実際にげらげら…

「助けて」を言えないのは被害者をやらせてもらえないから、という1つの例

【『助けて』を言えない気持ちを語りあう、研究する会を四月下旬に開きます。詳細は次のブログにて】 「事がらを聞くな、気持ちを聞け」というのは傾聴において大事だとされていますが、それがよく表れた事例があったていたのでリンクを貼っておきます。 第…

「助けて」を言えないままはヤバいという話

あなたは「助けて」って言えますか? ちなみにわたしは言えないタイプです。 これについてはいっぱい考えたいし、話し合いたいな〜と思ってたところなんですが、今回はこの「助けて」が言えないことでどういうことが起こるか、ということを書いていきたいと…

第3回寄りそい方研究会報告 「他者や自分の死にたい気持ちとの向き合い方」

第3回寄りそい方研究会の報告です。今回はわたしを含めて5名参加ということで、このぐらいの人数になるとカフェよりも会議室を借りてやっても良かったかと思いましたが、場の空気感というのもありますからね。わたしとしては思いっきり主観的になれる場と少…

寄りそい方研究会に向けて〜メンヘラ.jpに載った首吊り自殺を遂行するに至った話を元に

3月3日、池袋にて第3回寄りそい方研究会をやります(詳細は前回のブログで)。今回はテーマとして『自分の葛藤とどう向き合うか〜どうして死んだらいけないの?』を掲げています。誰かを支える、寄りそうにあたって「自分の中にも葛藤がある」「自分だって死…

3月3日 第三回寄りそい方研究会『自分の葛藤とどう向き合うか〜どうして死んだらいけないの?』

「どうして死んだらいけないんですか?」 傾聴のボランティアをしているとまれに聞かれる言葉です。 この場合もやはり話し手側の気持ちを聞くことが優先ですが、そもそもここには「話し手と聞き手の分断」がある気がします(その他の可能性ももちろんありま…

「男性社会に苦しめられる被害者としての男」と考えると女性への行動にいろいろと説明がつく

女性が男性の男性性を糾弾しても男がちっとも反省しないのってありがちなんですが、やっぱり男性が「自分は被害者だ」っておもっているところが大きくて、だからこそそこを聞いてあげるのが必要だと思うんですよね。もちろん女性だけじゃなくみんなが、とい…

鉄道駅の自殺防止ポスターに見るこの国の「自殺」と「ひとり」に対するイメージ

『鉄道駅の自殺防止ポスターがまぶしすぎてむしろ自殺したさが増す』というツイートのまとめが流れてきて、そのしんどさはこのポスターが「この国の自殺に対するイメージを如実に表してしまっているその絶望」からくる部分も大きいと思った。 鉄道駅の自殺防…

メンヘラについて私が思うこと その一

なぜ次回の生きづらさ研究会のテーマにメンヘラを選んだのか、メンヘラについて私自身どう思っているのか、色々な思いがあって簡単には書けない。なのでしばらくその都度思ったことを書いていこうと思う。簡単でないという気持ちから「その一」なんて逃げの…

第4回生きづらさ研究会参加者とのチャット その1〜執着しない・メンヘラ・生と死

第四回生きづらさ研究会テーマ「家庭」「恋愛依存」に参加していただいたいなみさんとのその後のチャットのやり取りをお送りします。 ぎりさん 体調はいかがですか? いなみ 今日は病院に行って無事薬補充できて比較的穏やかに過ごせてます。 ぎりさん それ…

彼女とメンタルクリニックに行ってきた話

「このままだと本当に死んでしまう。今日はホントにヤバかった」 最近かなり調子が悪そうではたから見てもかなりキテるなと思っていた。そしたら先日本人が「今度いっしょに病院行ってくれる?」と聞いてきたので(いよいよヤバそうだな)と思い付き添うこと…

「怖くなったら110番」の言葉と安心の希望

「メンヘラ.jp」のサイトに載っていたコラム『怖くなったら110番! 自殺未遂をして自分で警察に助けを求めた時の話』を読んだら、自殺して亡くなった自分の親父のことを思い出した。 怖くなったら110番! 自殺未遂をして自分で警察に助けを求めた時の話 - メ…

第三回生きづらさ研究会の参加者とチャットしました。「○○らしさ」という抑圧。

第三回テーマ「恋愛感情・恋愛依存」に参加していただいたつづらさんと主催の私、ぎりさんでチャットをしました。その様子を皆さんにお届けします。つづらさんは「恋愛感情がない当事者」として参加されていました。そのことについての言及があります。 会…

どうしたら生きづらさがなくなるのか

初めに答えを言ってしまえば「なくなりません」がそうなんだけどね。そんな簡単に消えたらこんなに長いこと苦しんでないよね。 でも、楽になる方法はあります。それを今回はお伝えしようと思います。わたしが普段やっている電話での傾聴ボランティアの場合と…

自殺相談をされた時の対応、そして「目の前の相手と向き合う」ということ

お悩み相談サイトで友人の自殺の相談を受けた人が、その時の自身の対応について投稿をしていました。 投稿者は友人に自殺の相談をされ、電話越しに必死になって「死んでほしくない」「お願いだから」ということを訴え続けたそうです。それで一旦は取りやめて…

知ってほしい、若者の生きづらさとSNSの関係

先日『東京司法書士会主催 自死問題シンポジウム』に行ってまいりました。「つながりをもてずに孤立してしまう若者」をテーマに専門家三名を招いての会です。 自殺者の総数が減り続ける中、若年層だけがなかなか減らないという現実を受け政府はこの3月を自…