「生きづらさ研究会」主催ぎりさんのブログ

生きづらさコレクターぎりさんのブログです。生きづらさ研究会のテーマ&参加者募集中!

当事者研究会

メンヘラ当事者研究会に参加してきたよ! そして夜の浅草を散策した話。

11月11日に行われましたメンヘラ当事者研究会、第9回のテーマは「余暇の使い方」でした。 余暇について話し合うことってあんあまりないですよね。「うまく休めない」「休んでも疲れがとれない」と思って過ごしている方も多いんじゃないでしょうか。わたしの…

「誘ってきたのは向こうの方だ」と本気で思っている男とそれを無視して責めるだけの女はお互い生きづらさを抱える覚悟が足りない、そこで『ビースターズ』

最近『ビースターズ』という生きづらさ満載のマンガが好きで、来年一月に読書会やりたいと考えています。なのでビースターズ関連のツイートが増える…かもしれない。 BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス) 作者: 板垣巴留 出版社/メーカー: 秋田書店 …

生きづらさをもったものと見守るもの(遺されたもの)

自死遺族支援の会の講演会に行ってきました。 今は自殺の予防や防止に力は注がれているが遺族への支援がはるかに薄いということを皮切りに、自殺対策基本計画の策定における現状と今後の方向性、またネット社会における死者の尊厳と遺族、第三者の権利につい…

「それがいいんじゃない!」と言い続けること〜絶望に触れていく

久しぶりのブログ更新です。 今後の「生きづらさ研究会」について書きました。 【わたし自身のこれから】 みうらじゅんさんの『ない仕事の作り方』という本を読みました。 “人はよくわからないものに対して、すぐに「つまらない」と反応しがちです。しかしそ…

当事者意識を持てない、ところからすでに生きづらさは始まっている

「自分が当事者かどうかわからない」「自分なんかが当事者を名乗るのははばかられる」という言葉をよく耳にするので、ちょいと「当事者(意識)」について書いておこうと思います。 今回わたしが書いていくのは法律用語ではなく福祉用語としての「当事者」で…

メンヘラ会に参加してきた話

すごかった。とにかくすごかった。 ふだん様々なイベントが行われているカフェで「メンヘラ会」が開かれたので行ってまいりました。 ほとんどの方がフェイスブックからの参加で、イベントやセミナーをやられているような方たちが多いみたいでした。 始まって…

生きづらさ研究会があなたにあげられるもの

相談できる場と仲間 回復への道筋 社会的承認 1.相談できる場と仲間。 何かの会に参加するとだいたいこれがありますよね。同じような目的や意識を持った人たちで集まれる安心感、連帯感。生きづらさ研究会は「生きづらさ」という漠然とした、だからこそユル…

第4回生きづらさ研究会参加者とのチャット その1〜執着しない・メンヘラ・生と死

第四回生きづらさ研究会テーマ「家庭」「恋愛依存」に参加していただいたいなみさんとのその後のチャットのやり取りをお送りします。 ぎりさん 体調はいかがですか? いなみ 今日は病院に行って無事薬補充できて比較的穏やかに過ごせてます。 ぎりさん それ…

日常への帰還〜アスリートと宇宙飛行士の当事者研究

『日常への帰還 〜アスリートと宇宙飛行士の当事者研究』と題した、当事者研究の第一人者である熊谷晋一郎先生企画のシンポジウムに行ってきました。 えーとー、写真見えるかな。オリンピック、パラリンピックに出場した小磯典子さん、花岡伸和さん、そして2…

第4回生きづらさ研究会 「家族」「恋愛依存」はこんな感じでした。

2018年7月28日、品川にて第4回生きづらさ研究会が行われました。 台風来てたけどね! 参加者定員ギリの8人だったけど結局来たのは女性3人プラス私だけだったけどね!! でもこんな嵐の中来てくれただけでうれしかったさ! 参加できなかった人は次また来てね…

第4回生きづらさ研究会のお知らせ

生きづらさ研究会第四回のご案内です。7月28日(土)14時〜17時、品川にあるレンタル会議室で最大定員8名で3時間語り合います(二次会もファミレスでやる予定です)。 今回は初の二部構成、前半一時間を【家族】について、休憩をはさんで後半一時間を【恋愛…

第三回生きづらさ研究会参加者との対話 その2 「メンヘラという存在」

前回に引き続き第三回生きづらさ研究会の参加者とチャットしたときの模様を書きます。前回とは別のみなとさんという方と共に、主に生きづらさ研究会とメンヘラについての話をしました。 メンヘラにまつわるイメージ、そこを拠り所にしたい気持ちとそれでいい…

第三回生きづらさ研究会 テーマ「恋愛感情・恋愛指向」レポート

三回目となりました生きづらさ研究会のレポートです。 マンションの一室にある小さな貸し会議室内においてアロマンティック(性的関心はあるけど恋愛感情はない、かも)の女性二名、恋愛感情はある女性と私の四名(+書記一名)での開催となりました。 恋愛…

個人的反省と生きづらさ研究会の意義

前回、前々回の記事から続く内容ではありますが。 前回記事で圧倒的な絶望から出るには一人でいないこと、と書きました。その後のことを書きます。 生きづらさも一つ一つの要素に着目したら「普通でいなければいけないという同調圧力」であったり「人間関係…

どうしたら生きづらさがなくなるのか

初めに答えを言ってしまえば「なくなりません」がそうなんだけどね。そんな簡単に消えたらこんなに長いこと苦しんでないよね。 でも、楽になる方法はあります。それを今回はお伝えしようと思います。わたしが普段やっている電話での傾聴ボランティアの場合と…

当事者研究会とは

本日は当事者研究の第一人者である熊谷晋一郎先生のシンポジウムに参加してきました。 この生きづらさ研究会はわたくしぎりさんが「ボランティアで活用している精神や技術である傾聴」+「当事者研究」のいいとこ取りをしたい、という気持ちから始まっていま…

第二回生きづらさ研究会報告 〜おひとりさまの当事者研究

生きづらさをかかえているみなさん、こんばんは。 昨日は第二回生きづらさ研究会開催日、ということでやってきましたよ〜、ひとりでね(笑)!! や、もうわかってはいたんですよね。直前のキャンセルがあい次いでうちの書記も来れないです、という連絡があ…

恋愛感情・恋愛的指向をテーマに会を開きます。

6月に開く第三回のテーマに「恋愛感情・恋愛的指向」を扱います。性的指向や性自認に関しての困りごとはよく目にするし運動や話し合いが行われていることは知っていたのですが、それに付随して恋愛感情についても話し合う、わかり合う必要があるのではない…

第二回 生きづらさ研究会 5月27日開催 テーマ「本当の自分が言えない、伝わらない」について

第二回の生きづらさ研究会は【本当の自分が言えない、伝わらない】がテーマです。 発達障害者がすごくガンバって「普通」に振る舞い続け、いざカミングアウトすると「普通に見えると」言われた時の、うれしくもなく余計に苦しさをおぼえる感じ。 他人のため…

生きづらさ研究会 第一回 「復縁について」 報告レポート

つらい話、しんどい話、誰にも話せない話。それらを安心して出せる場があったらいいな、と思ってこの会を起ち上げました。 「やっぱりしんどいな、思い出しちゃったな」「解決方法が見つからないな」「ちょっとスッキリしたかな?」 もちろん簡単に生きづら…

『メンヘラ当事者研究会』に参加して改めてわかった「じぶんのやりたいこと」

「メンヘラ当事者研究会」という会に何度か参加させていただいてます。2月24日に開催第された第六回にも行ってきました。そのサイトでの当事者研究会についての詳しい説明です。↓ menhera.jp テーマに沿っていろいろなしんどさ、生きづらさを抱えている人た…