「生きづらさ研究会」主催ぎりさんのブログ

生きづらさコレクターぎりさんのブログです。生きづらさ研究会のテーマ&参加者募集中!

寄りそい方研究会

3月3日 第三回寄りそい方研究会『自分の葛藤とどう向き合うか〜どうして死んだらいけないの?』

「どうして死んだらいけないんですか?」 傾聴のボランティアをしているとまれに聞かれる言葉です。 この場合もやはり話し手側の気持ちを聞くことが優先ですが、そもそもここには「話し手と聞き手の分断」がある気がします(その他の可能性ももちろんありま…

第3回寄りそい方研究会に向けて

支える側の人たちの本音と苦悩をお届けしたいと始まった『寄りそい方研究会』ですが、2回目を終えての感想を参加者の方からいただきましたのでそれを載せますね。 ↓ “まず、この集まり自体が気持ちを聴きあうこと・言葉にして話し合うことの一環になっている…

第2回寄りそい方研究会 〜傾聴ボランティアをやっているのも人間です。

昨日は池袋のカフェにて2回目の「寄りそい方研究会」でした。今回の参加者は他の傾聴ボランティア団体に所属している女性3名とわたしの計4人で行われました。 とにかく皆さんが現在抱えているモヤモヤや疑問を提供し、それについて時間の許す限り話し合いま…

被害者をやりきること・限界を知ること

あなたが誰かや何かに対して「キレる」とき、それは自分が「被害者であるがゆえ」のことかもしれません。 自分の中に納得できない出来事(毒親とかいじめられた仲間との関係性など)を未解決のまま押し込んで聞こえているのに聞こえていないふりをしたり、無…

傷ついた癒し手 〜 1/27第2回寄りそい方研究会参加者募集中です。

【1月27日に第2回「寄りそい方研究会」行います。場所は池袋のカフェで、時間は14時〜17時です。前回の詳細は以前の記事をお読みください。 ・わたしの感想→http://aroman.hatenadiary.jp/entry/2018/12/05/000544 ・参加者からいただいた感想→http://aroman…

鉄道駅の自殺防止ポスターに見るこの国の「自殺」と「ひとり」に対するイメージ

『鉄道駅の自殺防止ポスターがまぶしすぎてむしろ自殺したさが増す』というツイートのまとめが流れてきて、そのしんどさはこのポスターが「この国の自殺に対するイメージを如実に表してしまっているその絶望」からくる部分も大きいと思った。 鉄道駅の自殺防…

聞き方は生き方につながる 〜寄りそい方研究会に参加してみて〜

先日の寄りそい方研究会に参加された方から感想のメールをいただきましたのでこちらにも載せたいと思います。お互い傾聴ボランティアをしているということで「聞き方」に関するお話が多かったのですが、聞き方はつきつめると「他者との関係の結び方」の話で…

寄りそい方研究会 第一回目

先日ブログでお知らせした、支援者のための寄りそい方研究会をやってまいりました。といっても私ともうお一方、同じように傾聴ボランティアをやられている方とお茶しながら話をしただけなんですが、なかなかに濃い時間を過ごすことができました。傾聴とは、…

ボランティアしたけりゃ「誰かのためになりたい」とかは後から好きについて来るのでまずは「むき出しな自分になれるかどうか」を考えてみよう

【“支える側の気持ちを話し合いませんか?” 「寄りそい方研究会 〜支える前にできること〜」 12/2(日)14〜17時 池袋のカフェ 傾聴ボランティアをやっている私ともうお一方で「支える側の気持ち…難しさやしんどさ、不安などを素直に話し合えたらいいね、と…