生きやすさマガジン

自分が生きやすく、みんなも生きやすく

「助けて」と言えないの会

「助けて」と言えないの会 レポートその2

会の参加者の方から感想をいただきましたので載せたいと思います。 会が終わっても「あの時のあれはどういうことだったのだろう」としばらくは考えが止みませんよね。日々生活していても残る言葉や思いがあります。自分の中に根ざす思考(生き方)を掘り起こ…

「助けて」と言えないの会 を終えて。当事者研究サイコーっ!!

4/28のレポートです!今回の参加者は私を含めて5名+九ヶ月の赤ちゃん1名でした!3時間に満たない時間である程度の一人一人の深掘りを狙うとこれくらいの人数が丁度いいかな〜、と(二次会のファミレスでもめっちゃしゃべったけど)。特にわたしは少数でじっ…

28日は自分を楽にして、とにかく楽しみましょう。

はい、28日はいよいよ「助けてと言えないの会」です。まだ参加者受け付けておりますよ〜。 当日の朝起きたらなんとなく調子が良くて、誰かと話がしたくなったり。逆に何もしたくなくて、ただ人の話を黙って聞くだけで良かったり。たまたま時間が空いたからち…

ここ最近の「助けてと言えない」界隈ニュース

こんばんは、「助けて」と言えない会主催のぎりさんです。今回はサクッと、お知らせや感じたことなどを書いていきます。 【参加希望ありがとうございます】 4月28日の会の参加希望者の方々、ありがとうございます。まだ日にちも残数もありますので、どうしよ…

「助けて」と言えないの会の説明をします

そういえば会の宣伝はしていたけど内容の説明はしていなかったことに気づいたので、書きま〜す。 といっても今までやってきた「生きづらさ研究会」(当事者研究会)と仕組みは一緒です。テーマが「助けてと言えない」というだけで、進行や守るべき約束事は一…

小説家の小野美由紀さんとダンサーの青剣さんがファシリテーターのライティング講座に行ってきた話

今回はタイトル通り、お二人がやられているクリエイティブライティング講座の内容と、その時の私の気持ちの動きなどを書いていこうと思います。結構私自身のことも話しちゃってるので、まあ体験エッセイみたいに気楽に読んでいただければと思います。めちゃ…

生きづらさは権利だ

傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった (幻冬舎文庫) 作者: 小野美由紀 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/02/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 小野美由紀さんの『傷口から人生』を読み終えた。彼女のラ…

「助けて」と言えない: 『隔たりが大きすぎたら言わない・言いたくない・言っても仕方ない』

『「助けて」と言えないの会』をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 品川区目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名) 詳しい行き方はこちら→http://aroman.hatenadiary.jp/entry/2019/04/09/122351※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜…

4/28 レンタル会議室への行き方

『「助けて」と言えない』の会をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 品川区目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ 途中参加、ドタキャンOK、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッ…