生きづらさマガジン

みんなの生きづらさが集まる場。まずは、自分のために。

ここ最近の「助けてと言えない」界隈ニュース

こんばんは、「助けて」と言えない会主催のぎりさんです。今回はサクッと、お知らせや感じたことなどを書いていきます。 【参加希望ありがとうございます】 4月28日の会の参加希望者の方々、ありがとうございます。まだ日にちも残数もありますので、どうしよ…

「助けて」と言えないの会の説明をします

そういえば会の宣伝はしていたけど内容の説明はしていなかったことに気づいたので、書きま〜す。 といっても今までやってきた「生きづらさ研究会」(当事者研究会)と仕組みは一緒です。テーマが「助けてと言えない」というだけで、進行や守るべき約束事は一…

小説家の小野美由紀さんとダンサーの青剣さんがファシリテーターのライティング講座に行ってきた話

今回はタイトル通り、お二人がやられているクリエイティブライティング講座の内容と、その時の私の気持ちの動きなどを書いていこうと思います。結構私自身のことも話しちゃってるので、まあ体験エッセイみたいに気楽に読んでいただければと思います。めちゃ…

生きづらさは権利だ

傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった (幻冬舎文庫) 作者: 小野美由紀 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/02/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 小野美由紀さんの『傷口から人生』を読み終えた。彼女のラ…

「助けて」と言えない: 『隔たりが大きすぎたら言わない・言いたくない・言っても仕方ない』

『「助けて」と言えないの会』をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 品川区目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名) 詳しい行き方はこちら→http://aroman.hatenadiary.jp/entry/2019/04/09/122351※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜…

4/28 レンタル会議室への行き方

『「助けて」と言えない』の会をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 品川区目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ 途中参加、ドタキャンOK、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッ…

ナンパされるかもしれない人を見て、わたしは何を思ったか。

春休みの渋谷の大雑踏の中でもすぐわかるくらい、その子のことが目についた。 無数の頭越しにもわかる身体の倦んだ動かし方、無防備をまとった雰囲気。 “なんか…危なっかしいな”と思って歩いてた矢先に傍にたたずんていたオシャレなイケメンが動き出す。 “ナ…

浮気した相手が妊娠しました〜「助けて」と言えないを考える その1

『「助けて」が言えない』の会をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ 途中参加、ドタキャンOK、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッターにD…

「助けて」と言えないの会をやります。その前にメンヘラの会の話。

『「助けて」が言えない』の会をやります。 【開催日時】2019年4月28日(日) 14時〜17時 品川区目黒駅そばのレンタル会議室(定員8名)※会費 千円二次会 近くのファミレス 18時〜21時ごろ 途中参加、ドタキャンOK、参加希望の方はブログのコメント欄かツイッ…

「助けて」が言えないの会をやります。

ハイ、最近「助けて」が言えないについてブログを書いているぎりさんです。 わたし自身これについてずーっと苦しんできているので、今回同じ思いを持っているみんなで集まってその気持ちを吐き出そう!ということで企画しました。 『「助けて」が言えないの…

「助けて」を言えないのは被害者をやらせてもらえないから、という1つの例

【『助けて』を言えない気持ちを語りあう、研究する会を四月下旬に開きます。詳細は次のブログにて】 「事がらを聞くな、気持ちを聞け」というのは傾聴において大事だとされていますが、それがよく表れた事例があったていたのでリンクを貼っておきます。 第…

「助けて」を言えないままはヤバいという話

あなたは「助けて」って言えますか? ちなみにわたしは言えないタイプです。 これについてはいっぱい考えたいし、話し合いたいな〜と思ってたところなんですが、今回はこの「助けて」が言えないことでどういうことが起こるか、ということを書いていきたいと…

助けてと言えない、よね

『助けて』と言おう。誰に? ・ ・ ・ 非常に長いです(60,,, - お悩み相談 メンヘラ.jp わたしも言えない。 「助けて」って。 何でかずーっと悩んでる。 誰かに聞いてほしい、っていう気持ちになるよね。 そういう場がないかなー。 ないなら作っちゃうぞー。

第3回寄りそい方研究会報告 「他者や自分の死にたい気持ちとの向き合い方」

第3回寄りそい方研究会の報告です。今回はわたしを含めて5名参加ということで、このぐらいの人数になるとカフェよりも会議室を借りてやっても良かったかと思いましたが、場の空気感というのもありますからね。わたしとしては思いっきり主観的になれる場と少…

寄りそい方研究会に向けて〜メンヘラ.jpに載った首吊り自殺を遂行するに至った話を元に

3月3日、池袋にて第3回寄りそい方研究会をやります(詳細は前回のブログで)。今回はテーマとして『自分の葛藤とどう向き合うか〜どうして死んだらいけないの?』を掲げています。誰かを支える、寄りそうにあたって「自分の中にも葛藤がある」「自分だって死…

3月3日 第三回寄りそい方研究会『自分の葛藤とどう向き合うか〜どうして死んだらいけないの?』

「どうして死んだらいけないんですか?」 傾聴のボランティアをしているとまれに聞かれる言葉です。 この場合もやはり話し手側の気持ちを聞くことが優先ですが、そもそもここには「話し手と聞き手の分断」がある気がします(その他の可能性ももちろんありま…

好きの押し付けもハラスメントになる。もう一度、欲望と行為と関係の話。

けやき坂46(日向坂46と改名が発表されましたね)の冠番組『ひらがな推し』において、MCのオードリー春日誕生日企画として「キン肉マンを習得しよう!」という回をやっていました。 何事にも全力な松田好花、キン肉マン企画で無双!ツッコミ実践編では事前予…

欲望と行為と関係。加害者/被害者を安心してやり切れる社会に

娘と電車に乗っていたら全く知らない老人に突然インスタントカメラで写真を撮られた…『勝手に撮るの止めてください』→全く話が通じなかった出来事 - Togetter このお母さん、電車内で娘さんが見ず知らずの人に写真を撮られた上、驚きや不快感を伝えても“「大…

「性暴力被害など困難を抱えた女性たち」に社会が早急に立ち向かうべき課題

女性やマイノリティのための政策づくりの講座というのがあって、参加してきました。 今回のテーマは『性暴力被害など困難を抱えた女性たち』ということで女性を支援する婦人保護事業について、その根拠法となる「売春防止法」とその保護施設のお話をうかがっ…

男なのにフェミニストのクレーム対象にならないと思っている男が引き受けられる男に変わるための「知る」を始める。

昨日のブログで「フェミニズムの勉強するぞー」と息巻いていたのですが序章というか助走として先に男性学を少しだけかじっておこうと思います。 というのも、そもそもわたしがフェミニズムに興味を持ったのも「女性たちの生きづらさが頻出している」→「そう…

フェミニストの話を聞く会をやりたい

新年の西武・そごうの広告が賛否両論を巻き起こしてから早一か月。あのときのモヤモヤが未だに残っている。 ↓ 1.炎上しているのを知ってその広告をSNS上で初めて見たとき、たしかにこれはひどいと思った。 2.翌日に渋谷の西武に行って、小さく申し訳程度に飾…

第3回寄りそい方研究会に向けて

支える側の人たちの本音と苦悩をお届けしたいと始まった『寄りそい方研究会』ですが、2回目を終えての感想を参加者の方からいただきましたのでそれを載せますね。 ↓ “まず、この集まり自体が気持ちを聴きあうこと・言葉にして話し合うことの一環になっている…

第2回寄りそい方研究会 〜傾聴ボランティアをやっているのも人間です。

昨日は池袋のカフェにて2回目の「寄りそい方研究会」でした。今回の参加者は他の傾聴ボランティア団体に所属している女性3名とわたしの計4人で行われました。 とにかく皆さんが現在抱えているモヤモヤや疑問を提供し、それについて時間の許す限り話し合いま…

被害者をやりきること・限界を知ること

あなたが誰かや何かに対して「キレる」とき、それは自分が「被害者であるがゆえ」のことかもしれません。 自分の中に納得できない出来事(毒親とかいじめられた仲間との関係性など)を未解決のまま押し込んで聞こえているのに聞こえていないふりをしたり、無…

傷ついた癒し手 〜 1/27第2回寄りそい方研究会参加者募集中です。

【1月27日に第2回「寄りそい方研究会」行います。場所は池袋のカフェで、時間は14時〜17時です。前回の詳細は以前の記事をお読みください。 ・わたしの感想→http://aroman.hatenadiary.jp/entry/2018/12/05/000544 ・参加者からいただいた感想→http://aroman…

私たちにはことばが必要だ 感想その3 マイノリティが挑んでいるのは「めんどくさい」という社会の風潮、わたしは「聞く環境を育てること」で応援していきたい

私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない 作者: イ・ミンギョン,すんみ,小山内園子 出版社/メーカー: タバブックス 発売日: 2018/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 韓国のある事件をきっかけにフェミニストたち…

私たちにはことばが必要だ 感想その2

私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない 作者: イ・ミンギョン,すんみ,小山内園子 出版社/メーカー: タバブックス 発売日: 2018/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 傾聴ボランティアをやったり当事者研究会のこ…

私たちにはことばが必要だ

【お知らせ】2月上旬に『2人の当事者と100人の聞き手たち』というイベントを江古田のバーでやります。テーマは「男と女の生きづらさ」です。当事者、聞き手共に募集しております。くわしくは前回のブログで→http://aroman.hatenadiary.jp/entry/2019/01/10/0…

【2人の当事者と100人の聞き手たち】のイベントをやります

またもや突然ではありますがイベントやります。【2人の当事者と100人の聞き手たち】です。 自分の生きづらさがある特定の相手にはっきりと起因している人たちは、同質の当事者同士で集まって得られるものだけでなく、そういった相手と直接話しあう・聞きあう…

マイノリティとしての婚活恋活応援サイト その6 「マイノリティ」と「婚活」を一緒に語るのって案外ない

前回「自分のマイノリティ性を語ることと婚活で成功することとの相性が悪い気がしてうまくいかなそう」的なことを書いたのですが。 最近とくに「男性性」「女性性」の記事を目にすることが多く、現状のそういった生きづらさを語ること、それを聞くことの必要…